茶心香心堂

塗香の香原料の香り

LINEで送る
Pocket

塗香用香原料

塗香で用いられる香原料、市販のものでは合成香料が含まれているのがありますが、

伝統的には、白檀、龍脳、丁子、桂皮、山奈、大茴香、藿香、零陵香を用います。

最近は甘めが人気なので、排草香や木香も使われています。

甘い香原料の安息香などは樹脂なので、体温でのベタベタするのを避けるため、用いられません。

匂い袋や線香とも同じ原料ですが、絹目通しといって、手に載せてもがさがさせず、円やかな感じです。

どの位細かいかというと、下の篩が60メッシュ、実際は200メッシュが通るそう。

ですので、調合後にこの篩でなんなく、篩えます。

 

篩から見た薔薇。

 

塗香用香原料の香り

目が細かい分だけ揮発しやすいので、酸味はとんでいます。

普段酸味が苦手な丁子でも使いやすいので、使ってみて下さいね。

 

本来の塗香はお清めのためのもの。

朝、しゃきっとした香りで一日をスタートさせるのもいいですね。

 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

前の記事へ

各種講座・サービスに関するお問い合わせはこちらから

メールでお問い合わせ メールでお問い合わせ arrow_right
PAGE TOP